黒にんにく 効能・効果 アリルシステイン

黒にんにくとは

黒にんにくとは、生にんにくを、温度と湿度を一定に保ち自然発酵させたものです。黒にんにくになることで「あの独特のにおい」と「胃への刺激の強さ」がマイルドになります。さらに黒にんにくになると、にんにくと比べて糖度が増すので、まるでドライフルーツのような食感になります。プルーンみたいな味といわれるのはこの甘味のためです。

 

「黒にんにく」は「生にんにく」とどう違う?

もともと栄養豊富な生にんにくですが、黒にんにくになることで、栄養値がアップしますので、基本的に生にんにくの効能効果が増強すると考えればよいですが、黒にんにくでこそ期待できる効果もあります。
「S-アリルシステイン」が増加
免疫機能を高めるため、癌抑制効果も期待できるのではと考えられています。
豊富な遊離アミノ酸が生にんにくのおよそ1.5倍
効率よく摂り込むことができるので、運動する際、黒にんにくを摂取しておくと、トレーニング効果がさらにアップすると考えられています。
ポリフェノール含有量がアップ
黒にんにくは活性酸素を取り除くポリフェノールを豊富に含有。抗酸化作用は白にんにくより黒にんにくの方が強いです。

 

 

更新履歴